指導にあたるメンバーをご紹介します

ベースボールパフォーマンス代表

前田 健(まえだ・けん)

【1968年生まれ 埼玉県出身】
城西大附属川越高校、筑波大学で野球部に所属。筑波大、筑波大大学院で体力トレーニング論を専攻後、社会人野球の名門・日本石油(現新日本石油ENEOS)で9年間コンディショニングコーチを務める。
2003年に阪神タイガース・星野仙一監督から入団を要請され、一軍トレーニングコーチに就任。「野球の動き作りと身体作りの専門家」として選手を改革、同年の18年ぶりのリーグ優勝に貢献した。
2005年、野球界における自分自身の存在価値は、野球の技術を具体的な動作の仕組みとして、誰よりも深く正確に理解している、その「動作分析力」にこそあると気づき、兵庫県芦屋市に野球の動作改善専門の個人コーチング施設
「BCS Baseball Performance」を開設。プロ、アマ問わず野球選手のパフォーマンス向上をサポートする傍ら、執筆活動、セミナー活動を精力的にこなし、「動作の仕組みに基づく技術論」「動作の仕組みに基づく指導法」という本来当たり前のことを野球界に普及させるべく活動している。 >>> 著書『ピッチングメカニズムブック 理論編・改善編』

芦屋本店 チーフコーチ

塩見達郎(しおみ・たつろう)

【1982年生まれ 京都府出身】
府立福知山高校、大阪学院大学卒。大学卒業後、トレーニングコーチを目指して勉強中の折、前田と出会う。「当時から、運動能力、コミュニケーション能力、リーダーシップ、どれをとっても指導者として抜群の資質を備えていた」(前田談)と、前田の強い要請で2006年BCSに入社。BCSジュニアベースボールスクール開校時から、チーフコーチとして運営を任され、今では、前田の右腕として欠かせない存在。
持ち前の明るい性格とわかりやすい教え方で、ジュニア選手の野球技術向上をサポートします。
>>>芦屋本店の詳細はこちら

ジュニアベースボールスクール芦屋浜校チーフコーチ兼芦屋本店コーチ

池田翔平(いけだ・しょうへい)

【平成3年生まれ 秋田県出身】
大館鳳鳴高校卒。
野球の指導者を志し、自ら売り込みをかけて入社を勝ち取ったBCS第一号。
パーソナルトレーナーの経歴を持ち、トレーニング精通し、エアロビクスのインストラクターもできる。 経歴を生かしたキレキレの見本動作と的確な言葉かけ、分かりやすい指導はスタッフ間でも評価が高い。 「身を粉にして働くとはまさにこの男のこと」と前田が評する努力家。
>>>BCSジュニアベースボールスクール芦屋浜校の詳細はこちら

ジュニアベースボールスクール芦屋浜校コーチ兼芦屋本店コーチ

藤田達也(ふじた・たつや)

【平成4年生まれ 和歌山県出身】
和歌山向陽高校、筑波大学卒。
高校時代に春の甲子園にエースとして出場し1勝を挙げた、そのときの甲子園での投球が前田の印象に残っており、前田の母校の筑波大に進学したことで接点が生まれ、大学4年時に高校教員への道を遠回りさせてBCSにスカウト。 現在もクラブチームでプレーしており、大学在籍時より球速が上がりノーヒットノーランを達成。
>>>BCSジュニアベースボールスクール芦屋浜校の詳細はこちら

ジュニアベースボールスクール芦屋浜校コーチ

荻田恵輔(おぎた・けいすけ)

【平成2年生まれ 鹿児島県出身】
伊集院高校、大分大学、大分大学大学院修了
大学院生時代に野球のコーチングの研究をする傍ら、大分大学硬式野球部の監督代行として活動していた経歴を持つ。
その際、指導力向上のために野球の技術に関するあらゆる書物、文献を片っ端から読み漁り、その中で前田の著書が唯一「曖昧な表現をせずに、投打の技術を隅々まで解説し尽していた」と共感し、野球部員の技術指導の根幹に据えたことがBCSの技術論との出会い。そして、実際に前田を大学の指導に呼び、国立大ながらリーグ戦を勝ち上がって九州地区代表決定戦まで進出した。その関わりの中での指導力や頭脳、人柄に前田が即決。会って2日でBCSにスカウトした。物腰は落ち着いているが指導は熱い!
>>>BCSジュニアベースボールスクール芦屋浜校の詳細はこちら

東京本店 チーフコーチ

松崎隆(まつざき・たかし)

【1977年生まれ 神奈川県出身】
県立清水ヶ丘高校、日本大学卒。2003年から母校である清水ヶ丘高の野球部監督を務めた後、関西を拠点にトレーニングコーチとして活動。
野球とトレーニングの両面にわたる活躍が前田の眼に留まり、2007年BCSに入社。ジュニアベースボールスクール芦屋浜校コーチとして指導にあたりながら、本店コーチとしてマンツーマン指導も兼務。
2009年12月より東京本店の店長に就任。
豊富な指導経験と野球の動作に関する深い知識で、パフォーマンス向上を確実にサポートします。
>>>東京本店の詳細はこちら

つくば店チーフ兼ジュニアスクール東京新木場校チーフコーチ

白川峻也(しらかわ・としや)

【平成5年生まれ 山梨県出身】
東海大甲府高校、鶴見大学卒。
元メジャーリーガー大塚晶文氏と共通の知人であったことから前田と出会い、 大学4年時からBCSで指導者としての修行を始める。
気は優しくて力持ち、情熱的な指導で選手を育てる。
>>>つくば店の詳細はこちら
>>>BCSジュニアベースボールスクール東京新木場校の詳細はこちら

つくば店コーチ兼ジュニアスクール東京新木場校コーチ

中田真之(なかだ・さねゆき)

【平成3年生まれ 東京都出身】
大阪大学 筑波大学大学院。
筑波大学大学院野球研究室に籍を置く頭脳派。
大阪大学野球部在籍時代から前田と意見を交換し、卒業後には筑波大学大学院野球研究室に進学するということから、前田がBCSに引き入れた。
大学では工学を学ぶなど、突出した頭脳は次元が違う。
>>>つくば店の詳細はこちら
>>>BCSジュニアベースボールスクール東京新木場校の詳細はこちら

つくば店コーチ兼ジュニアスクール東京新木場校コーチ

本並健太(もとなみ・けんた)

【平成4年生まれ 大阪府出身】
桐蔭学園高校、国士舘大学、筑波大学大学院野球研究室研究生。
中学時代に毎週BCS芦屋本店で前田の指導を受けていた、BCS設立当初の会員。 大阪から神奈川の名門、桐蔭学園高校に進み、国士舘大学でもプレー、大学3年時に怪我からプレーヤーを断念するも、単身渡米し留学を経て、新たに学問として野球を中心としたスポーツを学び直そうと筑波大学大学院野球研究室研究生となる。
中学3年生の時点ですでに前田の技術論をチームに講義ができるまでに吸収していた知識は即戦力。野球の研究と指導の二足のわらじを履く。
>>>つくば店の詳細はこちら
>>>BCSジュニアベースボールスクール東京新木場校の詳細はこちら

仙台店 チーフコーチ

桜庭龍也(さくらば・たつや)

【1981年生まれ 秋田県出身】
秋田経法大付属高校(現明桜高)、仙台大学卒。2006年BCSに入社。入社以前から前田の下で研修を積み、前田のノウハウ、野球の動作を最も知る男であり、スタッフのアニキ分的存在。
ジュニアベースボールスクール芦屋浜校コーチを経て、2009年には芦屋本店の店長を務めた。入社当時から東北の野球界への熱い思いを語り続けてきたが、ついに!その思いが前田を動かし、2010年3月から3号店となる仙台店オープンを実現。故郷の野球選手に、その卓越した指導力と”情熱”を発揮します。
来たれ!”BCS男塾!” >>>仙台店の詳細はこちら

名古屋店 チーフコーチ

山口有映(やまぐち・なおあき)

【1989年生まれ 秋田県出身】
秋田経法大付属高校(現明桜高)、仙台大学卒。
前田が母校の筑波大に新入社員候補発掘に出向いた際、オープン戦の相手チームのトレーナーとして活動していた彼の仕事ぶりに目が留まり、引き抜いた。技術と体力トレーニング両面に精通したスペシャリスト。
>>>名古屋/岡崎店の詳細はこちら

BCSの野球動作のメカニズム理論に基づいた動作改善指導を受講された方からのコメントの一部を紹介します

▲このページの先頭へ戻る

少年野球の指導 > BCSスタッフ紹介