Baseball Performance【福岡店】

チーフコーチ経歴

荻田恵輔(おぎた・けいすけ)

伊集院高校、大分大学、大分大学大学院修了
大学現役時代には九州地区大学野球連盟選抜選手(1460人中31人)に選ばれ、大学院生時代は野球のコーチング研究をする傍ら、 大分大学硬式野球部のコーチ・監督代行として活動していた経歴を持つ。

その際、指導力向上のために野球の技術に関するあらゆる書物、文献を片っ端から読み漁り、 その中で前田の著書が唯一「曖昧な表現をせずに、投打の技術を隅々まで解説し尽していた」と共感し、 野球部員の技術指導の根幹に据えたことがBCSの技術論との出会い。能力に恵まれない国立大学を強豪私立大学と互角に戦えるまでに導き、 全日本大学野球選手権大会優勝歴のある強豪私立大学に勝利し九州地区代表決定戦進出(2回)、九州地区新人戦優勝、The 5th jeju champion ship優勝(国際大会)など、異例の実績を残した。

実際に前田を大学の指導に呼び、その関わりの中での指導力や頭脳、人柄に前田が即決。 会って2日でBCSにスカウトした。

物腰は落ち着いているが指導は熱い!入社以降、パーソナルトレーナー兼治療家としても活動していた経歴も有し、 「車椅子宣告」「歩行不能宣言」を受けた重症患者様を次々とV字回復させ社会復帰に導き、 全国の施術家から講師依頼を受け技術指導する一方で、プロアスリートのトレーニング&コンディショニングも担当するなど、 重症患者からプロ施術家、プロアスリートから選ばれる身体のスペシャリストであり異色の経歴の持ち主。

コーチご挨拶

私は小さな頃から野球が大好きで、テレビ中継される甲子園やプロ野球に釘つけになり、甲子園に出場すること、プロ野球選手になることを将来の夢にもつ少年でした。

しかし、そんな夢とは裏腹に私の選手生活はけして華々しいものではありませんでした。

選手時代を振り返れば、浴びせられる拳や罵声、恫喝に震えながらに練習し、とにかく走らされ、振らされ、捕らされ、きつい練習に必死に耐える毎日で練習が億劫だったことを真っ先に思い出します。結局、甲子園は愚か、高校球児の私は一度として公式戦に出場することさえできない補欠選手でした。

上手くなり活躍することを諦めきれず始めた大学野球でも、試合に出る度にエラーを連発し、中々ヒットも打てず「なんであいつが試合に出るんだ」と先輩やチームメイトから陰口を言われる、そんな選手でした。

自身の不甲斐なさや周囲の評価に落ち込み、もがき苦しむ日々。しかし、私は上手くなり活躍することをけして諦めず、 練習後は勿論、試合後も練習のない日も、来る日も来る日も日が暮れるまで練習し、日が暮れ帰宅してからも「どうすれば上手くなれるのか?上手い選手はどうなっているのか? 自分との違いはどこなのか?」、自分や上手い選手のプレーを撮影したものを見比べたり、プロ野球選手の動画を分析したり、あらゆる野球関連の雑誌や書籍を読むなど、 ひたすら研究していました。

そうして二年が過ぎた頃でした。感覚的に何かを掴み、初めて上手くなった実感を得て次第に結果が出るようになり、活躍することや貢献することへの喜びや高揚感を感じられるようになっていました。それ以降、九州地区連盟で日本代表チームを作る機会があり、その代表候補選手として選出されたり、主将・中心選手として強豪私立大学と互角に戦ったり、野球人生の引退がかかった強豪私立大学との大一番で場内が沸くようなドラマチックなプレーができたりと、これまでの野球人生では体験することのできなかった喜びや高揚感、感動を僅かながらではありますが体感できました。この経験は、今尚、私の心に深く刻まれています。選手として満足いくほどの上達や活躍はできませんでしたが、遅咲きながらも最後の最後に、小さな結果ながら、心に刻まれる感動を得られたことは私の大きな財産です。

今、当時を振り返れば、あの時「なぜ上手くなったのか」「どうすればもっと上手くなれたのか」、それを”動作の仕組み“として具体的に理解できています。同時に、「小学生、中学生、高校生の頃から目指すべき理想の動作が分かっていてそれを実現するための具体的技術指導を受けられたら、自分はどんな選手になれていただろうか…」と、時折回顧します。

引退後、コーチ・監督代行を仰せつかった私はとにかく、選手たちには私のような選手人生ではなく「上達すること、活躍すること、勝つことの喜びや感動」を存分に味わって欲しい一心で、選手時代以上に「選手を上達させるにはどうすればいいのか」「チームを勝たせるにはどうすればいいのか」をひたすら追求し選手と共に歩んできました。

当時の私は、素質に恵まれない選手を活躍させチームを勝たせるために「打てない、投げられない、守れない、技術的に未熟な選手らに“野球を熟知”させることで勝利に導く」という緻密で繊細な野球を展開していました。それで強豪私立大学と互角に戦えるようになっていましたが勝ちきるためには、やはり投打の技術レベルを最低限向上させる必要があるとの思考に至り「この選手らにどう指導すれば投打の技術レベルを向上させることができるのか」と片っ端から野球関連の書籍を読み漁っていました。

そんな折、まさに「目から鱗」で深く感銘を受けた一冊の本がありました。それが前田の著書でありBCS技術論、前田との出会いでした。その後、実際に前田の指導を受けましたが、これまで見たことのない鋭い打球を放つ選手らの“覚醒”に衝撃を受けました。その甲斐あって、遂に素質に恵まれないチームが全日本大学野球選手権大会を制覇したこともある強豪私立大学から2勝し勝ち点を奪うまでになっていたのです。

前田の指導を受けた選手が、自らの上達を実感したときに見せていた“輝く眼差し”や難攻不落の強豪私立大学に勝利したあの時の選手らの“歓喜する姿”“感動する姿”は今でも脳裏に焼きついています。

入社以降も私の想いは変わらず、担当選手を上達させ活躍することの喜びや感動を味わって欲しいという一心で、より深く技術を追究する傍ら、理想の動作を体得させるために必要不可欠な身体の機能解剖学やトレーニングのことを深く追究してきました。

私の指導者人生の中で過去から現在まで一貫しているのは、とにかく「選手を上達させたい、活躍させたい、勝たせたい、そして何ものにも代え難い“喜び”と“感動”を味わって欲しい」ということです。この飽くなき想いの根底には、私の選手時代の経験が深く関係しています。

こうした野球人生から、私には明確な使命があります。

それは、「選手・チームの未来を開拓し、“喜び”と“感動”を創造すること」です。

“一生懸命に練習する選手が理不尽な指導や非科学的な指導で自らの可能性を閉ざしたり、選手生命を終えたりせず、本来の能力を存分に発揮すること”、
“一生懸命練習しても中々上達できない選手、勝てないチームが「動作の仕組みに基づく具体的技術指導」により必然の上達を果たし、素質ある選手や強豪チームと互角に競い合える、ひいては素質ある選手を超え、強豪チームにも勝てる野球界を実現すること”

そして、何より
“けして諦めず、熱意を持って本気で上手くなりたい、活躍したい、勝ちたい、そう思って一生懸命に練習する選手・チームの力となり「喜び」と「感動」を創造していくこと”、
これが私の使命です。

福岡店 店舗詳細

住所 〒815-0036 福岡県福岡市南区筑紫丘1-23-9 205
ご予約
お問い合わせ
090-1896-9100
営業時間 不定休 11:00~22:00(完全予約制)
アクセス 西鉄天神大牟田線/大橋駅 徒歩3分
大橋駅西口の広場(タクシー乗り場)を進み、通りを右方向へ直進。
「スポーツクラブ&スパルネサンス福岡大橋」の手前交差点を左折。
50~100m程直進し左手に「吉野家」、右手に「セブンイレブン」有り。
道路向かいの建物HOUSE HUMANITE 205(1Fは大橋整骨院)。
※建物正面入り口は入らず、右側の階段をお上がりください。
駐車場 近隣に複数パーキング有

指導料金体系(ピッチング・バッティング・スローイング共通)

2つの体験メニュー(NEW)

体験メニュー

1、ブレイクポイント発掘!個別相談型動作分析+メカニズム解説

「もっと上手くなりたい!でもなかなか変わらない。」
そうした伸び悩みの一番の要因は単純に動作についての『知識不足』です。
多くの場合は「開きを抑えて」、「下半身を使って」など、実態すらよく分からないことを漠然と意識しているだけなのです。 どこをどう使うのか、原因は何かなど課題を具体的に知ってはじめて的確な練習ができます。

ここでは動作全体として知っておくべき仕組みを解説し、その上で、自分の動作はどうなのか。 そして、今の問題点の原因は何で、どこがどうなればいいのか。実現に関わる関節の動きの良し悪しといった身体的課題も含めて、これからパフォーマンスを向上させていくため課題を明確にするとともに、今抱えている悩みや、疑問点をお聞きして、今後進むべき方向性を定めていきます。

30分(投球または打撃)、60分(投打両方)のいずれかでお申込みください。
指導は含まれていませんが、BCSの動作に関する理論や考え方にしっかりと触れていただける、最も気軽な体験コースです。
また、当日にあとの時間枠が空いていれば、(2)の『ポイント指導体験』30分や投打もう一方の『動作分析・解説』30分を加えていただくことも可能です。

2、個別相談型動作分析+メカニズム解説+ポイント指導体験

上記の『個別相談型動作分析+メカニズム解説』(30分)にポイントのみの動作指導(30分)を加えた指導体験コースです。
このコースの場合には、『個別相談型動作分析+メカニズム解説』は投球または打撃のいづれか一方に限定し、『ポイント指導体験』も同じ投球または打撃の指導を行って、合計60分の体験メニューとさせていただきます。ご了承ください。

2つの体験メニュー料金
1、個別動作分析
+メカニズム解説
メールW登録者 3,980円/30分(投・打いずれか)
未登録者 4,980円/30分(投・打いずれか)
メールW登録者 7,960円/60分(投打両方)
未登録者 9,960円/60分(投打両方)
2.個別動作分析
+メカニズム解説
+ポイント指導体験
メールW登録者 8,800円/分析解説30分+指導30分(投・打いずれか)
未登録者 11,000円/分析解説30分+指導30分(投・打いずれか)
体験メニュー特典 当日ご入会の方は入会金50%割引
※当日お支払いいただきます。
(これで次回の日程が決められない場合でも、
猶予を持って決めていただけます)
当日に週1回の『集中上達コース』をご予約の方は
入会金⇒無料
※体験メニューのお申込みは1、2どちらの場合もおひとり様1回限りとさせていただきます。
(次回からは通常の指導メニューとなります。)
※メールW登録者とは、
 メルマガ&LINE公式アカウントの両方登録されている方が対象となります。

メールマガジン&LINE公式アカウントへのご登録はこちらから

基本料金体系

入会金 メールW登録者 8,800円
未登録者 11,000円
初回指導時から『集中上達コース』をお申込みの方入会金⇒無料
※メールW登録者とは、
 メルマガ&LINE公式アカウントの両方登録されている方が対象となります。
ビジター指導料 1コマ/60分 16,500円(投・打いずれか)
基本指導料 1コマ/60分 11,000円(投・打いずれか)
2コマ/120分 21,000円(投打両方、ご兄弟など)
3コマ目以降 10,500円/追加1コマにつき
集中上達コース
(改善初期や集中的な
レベルアップに)
※専用時間枠確保
オススメ!
毎週1コマ
39,800円/4回毎(9,950円/1コマ)
毎週2コマ 75,600円/4回毎(9,450円/1コマ)
※上記料金には消費税が含まれています。
※チーム入会制度もございますのでお問い合わせください。

ご用意していただく物

グラブまたはバット、動ける服装(ジャージ、短パン、ユニフォームなど)
スポーツシューズまたはトレーニングシューズ(芦屋本店、東京店、仙台店では汚れていないもの)
※当方でのビデオ撮影分以外の、ビデオカメラの持ち込みも可能です。
ご自宅での復習が重要です。ご自由に撮影してください。

集中上達コースをご希望の方へ

毎週の専用枠として基本の曜日、時間帯を決め、変更のお申し出があるまで継続的に確保いたします。
指導料は4回分をまとめて、1回目の指導の際に頂戴いたします。専用枠ではご都合が悪い週がある場合や、専用枠の曜日、時間帯を変えたいという場合の変更はもちろん可能です。なるべくお早めにお申し出ください。
体調不良、その他で、急なキャンセルが生じた場合の振り替えなどにも柔軟に対応いたします。また、基本の曜日、時間帯の固定が困難な方でも、4週4回分の事前予約が可能であれば、集中上達コースの割引料金を適応いたします。

定期的なご来店が難しい方、遠方にお住まいの方も迷わずお越しください

北海道や沖縄など、遠方にお住まいの方も多数いらしています。改善の程度にはもちろん個人差はあります。
しかし、1回の指導から十分に意味があり、1回で結果を出すのは私達にとっては当たり前のことです。
練習などで定期的に通うのが難しい方、遠方にお住まいの方も、1回の指導から迷わずお越しください。

複数回指導を受けることによるメリット
メールマガジン&LINE公式アカウントへのご登録はこちらから

▲このページの先頭へ戻る

少年野球 > 店舗情報 > 福岡店